ホーム > 先輩看護師一覧 > 先輩看護師メッセージ詳細

先輩看護師メッセージ

成田 ミユキ

産婦人科病棟
平成25年入職

当院を選んだ理由について教えてください

助産師として産科の入職を希望していたため、新棟ができる新しく、大きな病院で働きたいと思ったからです。また、基本理念である「地域に密着した心の医療の実践」に共感し、自分も一緒の実践をしていきたいと思いました。患者さんの立場に立ち、身体を治療するだけでなく、心も大切にする医療を学びたいと思いました。また、秋田県から引っ越しをするため、看護師寮のセキュリテーや家電が設置されていることも魅力でした。自炊が苦手なため、食堂を利用できることも就職を決める要因でした。

仕事内容について教えてください

新人の助産師のため、看護業務や入院の受け入れなどの対応を学びながら、助産業務も行なっています。分娩介助も行ないました。また、新生児の沐浴や授乳なども行なっています。今後は看護師としても、助産師としても成長できるように技術的経験だけでなく、人間的にも成長できるように、引き続き質の高い看護の提供に向けて取り組んでいくことが今後の目標です。

私が思う病院の良いところ

一番は病院・病棟の雰囲気だと思います。長く働け、職場に早く馴染めるように、配慮がされています。病棟の雰囲気は患者さんの居心地にも影響すると思います。小張総合病院の産婦人科病棟は、今年の7月にリニューアルオープンしました。建物は明るく、広々としています。患者さんと職員間との雰囲気も、とても良く、希望をして入院をしてこられる方が沢山います。地域の方に信頼され、慕われる病院です。

職場の雰囲気はどうですか

産婦人科病棟のため、スタッフは医師以外、全員女性です。女性ならではの細やかな配慮と相談しやすい雰囲気で対応しています。助産師は11名勤務しています。看護師と協力して母親教室や電話相談などレベルアップするために、カンファレンスや院外研修に参加するなどして、活き活き仕事をしています。

就職・見学を考えられている皆さんに一言

配属前の2週間、新入職者研修がありました。学校で学んだことの復習や注射や吸引など、患者さんに侵襲を与える看護技術の演習を行ないます。注射や静脈血管留置などは行なった事がなかったため、現場に出る前に先輩にじっくり教わるこができて、大変役に立ちました。また月1〜2回の研修があります。テーマも、自分たちの現状に即した研修内容のため、簡単でも難しくもなく、自分たちのレベルに合わせた研修を受講できます。看護の質を上げるために、みんなが支援してくれる病院です、是非、見学にいらして下さい。

先輩看護師一覧へ

先輩看護師メッセージ
javascriptをオンにすると、ここにカレンダーが表示されます。内容を表示するにはご利用ブラウザの設定で、javascriptを有効にしてください。

応募はコチラ

資料請求

このページのトップへ