ホーム > 先輩看護師一覧 > 先輩看護師メッセージ詳細

先輩看護師メッセージ

斉藤 圭紀

小児科病棟勤務
秋田看護福祉大学 卒業

今の病院へ、入職を決めた理由はなんですか?

 私は、地元である千葉県での就職を希望していました。そのため、学校主催の合同就職説明会では千葉県内の病院を中心に説明を聞き、その中で小張総合病院に出会いました。実家に近く、新人教育のカリキュラム内容が充実していることからも、すぐに病院見学に行き、その際にアットホームな雰囲気が自分に合っているととても思いました。また、設備が整っている病院であることも一つの要因でした。

あなたが病院を選ぶ要件として、大事だと思うことは何ですか?

 自分が「看護師」として成長していけるのか、その不安が強かったため、教育体制やメンタル面における支援の有無が大事だと思いました。また、カリキュラム内容を具体的に確認することや、基本給や諸手当等も含めた福利厚生を他院と比較することも大切だと思います。

あなたが学生時代に実践した就職活動ついてお教えください。

学年
内容
1

4月
各病院の資料請求、情報収集
学校主催の合同就職説明会参加
7月
説明会に参加、病院見学
8月
 
9月
 
10月
インターネットや学校の掲示板などで情報収集
学校の教員に進路について相談をする。
11月
12月
 
1月
2月
3月



4月
 
5月
学校主催の合同就職説明会参加
6月
インターネットや学校の掲示板などで情報収集
7月
 
8月
採用試験 面接・小論文
9月
10月
11月
12月
1月
白衣合わせ
2月
3月
各種手続き
  

新人研修について

看護師1年目のとき苦労したことや、嬉しかったことなどを教えてください。

 苦労したことは、看護技術の習得に時間がかかったことです。看護学校の時に充分に練習はしていましたが、実際に患者さんに行う時には、思うように行動できずに、焦ってばかりでした。嬉しかったことと良かったことは、周囲の先輩がいつも、親身になって指導をしてくれることです。また、患者さんに「ありがとう」と笑顔でよろこんでいただけると、看護師になってよかったと思います。

新人研修の特長や、「ここが役に立った!」という点を教えてください。

 新人のリフレッシュ研修の時期は、仕事ができなくて落ち込んでいました。研修内で、自分の困っていること、うれしかったことを同期と共有し、自分だけではなくみんなも同じように悩んでいることが分かり、“ホッ”としました。その後に、先輩達からサプライズでメッセージがあることを聞いて驚きました。「笑顔がいいね。」「患者さんの対応がピカイチだよ。」など、病棟全員のメッセージが色紙に書いてあり、また頑張ろうと思いました。この研修はモチベーションを上げる大きな要因となっています。

1年間の新人研修の内容についてお教えください。

内容
4月
☆入職☆
電子カルテ操作、倫理、フィジカルアセスメント、感染管理、医療安全、看護記録研修
採血、点滴管理、上気道吸引、排泄の援助 (看護技術)など
フットケア、夜勤オリエンテーション
5月
輸液ポンプ・シリンジポンプの取り扱い
輸血法、モニター心電図、創傷管理
6月
蘇生法
7月
リフレッシュ研修、人工呼吸器管理
8月
医療安全
9月
持続吸引
10月
リフレッシュ研修 パート2、多重課題研修
11月
BLS認定試験
12月
化学療法
1月
2月
事例研究発表、 一年間の振り返り
3月
      

先輩看護師一覧へ

先輩看護師メッセージ
javascriptをオンにすると、ここにカレンダーが表示されます。内容を表示するにはご利用ブラウザの設定で、javascriptを有効にしてください。

応募はコチラ

資料請求

このページのトップへ